北海道宗谷地域のPRイベント「宗谷イチ押しプロモーション」@品川シーズンテラス

北海道の最北端に位置する宗谷地域9つの町村による合同PRイベント「宗谷イチ押しプロモーション」が、JR山手線・品川駅の近く「品川シーズンテラス」の会場で開催され、足を運んできました。

きょうのブログでは、地方の観光拠点が都市圏に向かって、どのように魅力をPRしていったら良いのか、事例を通して語りたいと思います。

担当者によるプロジェクターを使った現地の案内や、リーフレット配布、物販などの、通常のイベント内容に加え、体験イベントが充実していたことが強く印象に残ります。
souya1

“北海道宗谷地域のPRイベント「宗谷イチ押しプロモーション」@品川シーズンテラス” の続きを読む

「豊富温泉&利尻昆布風呂体験WEEK~温泉と昆布に恋して~」の情報発信フロー

東京都港区の銭湯において、北海道「豊富温泉」のお湯や宗谷地域の「利尻昆布風呂」を体験できるイベントが2018年3月3日~3月11日まで開催されており、今年も足を運んできました。

港区公式サイトによる告知はこちら
広報みなと2018年2月21日号 港区×北海道宗谷地域連携プロジェクト 豊富温泉&利尻昆布風呂体験WEEKを開催します

イベントは既に終了済みですが、このようなポスターも港区内で目にした方も多いのではと思います。
rishiri

このイベントは、地方の観光地が東京でPRをする際の重要なポイントを押さえていると思ったので、効果的な広報・マーケティング事例としてお伝えしたいと思います。

その土地の魅力を伝えるために、情報発信において十分な質と量をデジタル・アナログ双方で行うことは基本中の基本です。

その次のステージとして大事なのが

仮想体験させる

ことの重要性です。

例えば飲食産業だったら試食やレトルトの提供、また住宅産業であったらモデルルームでの体験と、仮想体験は様々な産業において事例があります。

しかしこの港区の温泉とのコラボは、その仮想体験がアイデア次第で実に多彩なバリエーションがあることを知らしめてくれました。

ちなみにわたしは最終日3月11日に麻布黒美水温泉の「利尻昆布風呂」に行ったのですが、利尻ラーメンが売っていて、自宅で早速食べてみました。
ramen

これも仮想体験のバリエーションという位置づけで考えると、食品を用いること以外にもあらゆる可能性がありそうです。

他社がやっていない尖った事例

マスコミや体験したユーザーが取り上げる

SNSによる情報拡散

というPRは、広報予算が少ない際に考えべき典型的なストーリーですので、ぜひ参考にしてみてください。

北菓楼・札幌本館(旧・北海道庁立図書館)が観光スポットとして人気の理由

1926年(大正15年)に開館した旧・北海道庁立図書館が、建築家・安藤忠雄氏によって北海道の有名菓子店「北菓楼」の札幌本館としてよみがえったニュースは以前から気になっていました。

何とか1回行ってみたいな・・・と思っていた矢先、札幌出張の際に時間が取れて、訪問してきました。

雨の中、札幌駅から歩いて向かいます。遠目からも大きな存在感・・・ありました。ドーリア式風の円柱が、1~2階まで通しオーダーとなっています。

エントランスや窓などの建具周りの装飾性の高さが、実にエレガントな雰囲気を醸し出しています。
sap1

建物の内部に早速入ってみます。 “北菓楼・札幌本館(旧・北海道庁立図書館)が観光スポットとして人気の理由” の続きを読む

観光案内所の最大の役割とは(インフォメーションからコンシェルジュへ)

札幌の帰省した際に、札幌市内にある2つの観光案内所に立ち寄りました。

1つ目の「北海道さっぽろ観光案内所」は、北海道と札幌市が連携しJR札幌駅西コンコースの北口側に設置している『北海道さっぽろ「食と観光」情報館』の中あり、カフェや物販店、JR総合案内所と隣り合っています。sapporo2

もう1つの観光案内所は、 “観光案内所の最大の役割とは(インフォメーションからコンシェルジュへ)” の続きを読む