経営者・経営幹部こそワーケーションを行うべき理由

ワーケーションという、ワークとバケーションを合わせた造語が、新しい働き方の一つとして注目されています。

私もワーケーションを実際やってみて思った事は、経営者や経営幹部こそワーケーションを行うべきということです。

何故かと言うと、…
ワーケーションを行う場所は、おのずから観光地が多いかと思います。

そして環境が変わり、新しい体験をすることにより、いままでにない発想が生まれる事は、多くの人が経験しているはずです。

そのため「新しい発想が求められる仕事」を目的に、ワーケーションを計画するのが良いと考えます。

具体的には、経営計画に代表される会社の方向性やビジョンを、じっくり考える仕事です。

経験的に、これらは普段とは全く違う環境と体験で考えることが、極めて有効と考えます。

  • 自分は何のために創業したのか(経営陣になったのか)
  • 今後の社会にどう価値提供できるのか(したいのか)
  • 残りの人生で何をしたいのか、またどういう状態がハッピーなのか

ワーケーションは普段の慌ただしい日常、そしていつものオフィスでは浮かび上がってこない思いにふれるチャンスです。

逆に言えばワーケーションで日常業務だけで終始してしまうのは非常にもったいない。それでしたらいつものオフィスの方が能率もいいはず、

また同行してることが多いであろう家族やパートナーも、完全なホリデーの方が一緒に遊べて楽しいはずです。

要は経営者、経営幹部が普段やることができない仕事をする場として、ワーケーションをとらえるのが良いと思います。

また大事なことは、新しく見直した企業理念やビジョンを、ホームページで情報発信をすることです。

新しくしたこれらの情報は、社外だけではなく、社内そして、協力会社に対しても強く訴えかける内容のはずです。

また情報発信することによってフィードバックも得られます。

今のホームページにこのような会社の方向性が掲載されてない場合はすぐにでも手をつけることをお勧めします。


ワーケーションの準備に必要なこと(その2)

ワーケーションを行うにあたっての注意事項として、前回のブログでは、ファイルサーバやメールのクラウド化について説明しました。

実際のところ各企業もテレワークは日常的に、すでに取り入れているかと思います。

このテレワークの経験は、ワーケーションを行う前に必ず必要となるものですが、今回のブログでは、この件について説明します。

ぶっつけ本番で行うワーケーションよりも、事前に身近な環境でテレワークを行うのが良いのかは、次の理由が挙げられます。

ノートPCを1日のフル業務に耐えられるようにチューニングする必要があるため。

メールの送受信だけ、またはPowerPointを使ったプレゼンテーションだけ、ノートPCで行えば良いのは通常の外出時です。

その際はノートPCに求められる性能と通信環境は、最低限のもので十分でした。

しかしながらフルタイムのリモート環境でノートPCを使うのであれば、必要なクラウドサービスやソフトの初期設定、メモリやマウスなどのハード環境と通信環境の整備など様々なこと事前に準備する必要があります。

この準備をいつもの勤務地や自宅で事前にこなしておけば、困ったことがあっても会社の同僚に聞いて解決し、不足なハードをヨドバシカメラやAmazonなどで購入して備えておくことができます。

ワーケーションは言うまでもなく、すぐにモノが手に入らない環境であることが多いでしょう。

であればなおさらのこと、事前にテレワークを実施することにより、ワーケーションに必要なことを一式準備して、ワーケーション時にも滞りなく業務を行うことができると思います。

ワーケーションをやっている事実は、今日、企業の大きいPRのネタ・・・情報発信のコンテンツにになります。

なので実施の際はぜひ積極的にホームページやブログ、SNSなどで、その体験記や企業としての考えを情報発信することをお勧めします。


ワーケーションの準備に必要なこと

「ワーケーション」がニューノーマルの働き方との一つとして、広く紹介されるようになってきました。

ワーケーションとは、普段の生活拠点とは別のエリアにおいてテレワークをしつつ、休暇をとる過ごし方のことです。

ここであえて観光地やリゾート地と限定しなかったのは、私のように、実家の親が病気でお見舞いに行く、しかし実家にWi-Fi環境がないので、しかるべき宿泊施設やコワーキングスペースを使うようなケースが多いと思うからです。

働き盛りの年代のワーケーションは、観光よりもむしろ、このような実家における抜き差しならない用事が多いのではないでしょうか。

またもう一つのワーケーションのパターンとしては、経営者や企画担当者などが働く場所を変えて、新しいアイデアや発想が生まれることを期待するという形です。

いずれにせよ、数々の自分なりのワーケーションを経験して思うのですが、はっきり目的意識を持った方が良い結果につながる印象です。

さてそのワーケーションにあたっての準備なのですが、次の3つのステップが必要と考えます。

  1. 業務環境のクラウド化
  2. テレワークの経験値を積む
  3. ワーケーションのエリアの情報収集

要はワーケーションの本番に向けて、ステップバイステップで進めると言う事です。

次回のブログでは、業務環境のクラウド化についてご説明します。