中小企業のインターネット市場での戦い方について

インターネットはその誕生時には情報の発信力の強さから、中小零細でも大企業に立ち向かうことの出来る一発逆転ツールとしての大きな期待感がありました。

その恩恵を被ったサイトも数多くあった中、昨今は誰もが認めるようにGAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)をはじめとする大手企業が圧倒的な影響力を持っています。

例えば「デジタルエコノミーの罠 なぜ不平等が生まれ、メディアは衰亡するのか」(マシュー・ハインドマン著 NTT出版/2020年)には中小企業にとって、かなり厳しい現実が書かれています。

「第3章はさらに先に進んで、大企業や大ウェブサイトはコンテンツを利用者向けにパーソナライズするのがはるかに上手だということを示す。デイリー・ミー(日刊じぶん)で定義されるデジタルメディアは、多くの人の思いこみとはちがい、小規模コンテンツ生産者に有利にははたらかない。むしろ、リソースを持った人々に有利になる。お金、職員、データ、計算力、知的財産、固定した観衆をもつサイトが有利なのだ。」

(P.19からの引用)

とか

巨大サイトはリソース面で大きな優位性をもっているだけでなく、それ以上に決定的な優位性がある。手持ちのデータも多いのだ。データを収集し、保存し、整理し、分析し、絶えず更新するための インフラづくりはすさまじい投資を必要とする。これは小規模な新興企業がここまでうまくできるようなものではないし、それは単に必要なお金やハードや技能のせいだけではない。データは利用者のモニタリングから得られる。新興企業はモニタリングする利用者が圧倒的に少ない。AT&Tのチー ムが述べたように「コンペが進むにつれて、使う情報を増やすとほぼまちがいなく精度も上がった。 これは、なぜその情報に意味があるのかとか、その情報の貢献がそれほどでもないか一見して明らかではない場合にすら当てはまる」

(P.85からの引用)

などなど。

一言でいうと、一発逆転のイメージを持つネットの世界ですら、大手が有利だということです。

では中小企業はインターネット市場において、どう戦うのがベストなのでしょうか。

“中小企業のインターネット市場での戦い方について” の続きを読む

SNSを始める前に企業が定めるべき運用ルール(必須)

インターネットの世界における、SNSの影響力は高まる一方です。

そのため、従来であればSNSを活用してこなかったB2Bの企業であっても、ここ最近はSNSによる情報発信に取り組む例が増えてきています。

今日のブログでは、企業が自らの公式アカウントとしてSNSをスタートする前に、どのようなことをしなければいけないのか、「運用ルールの制定・体制」というテーマでお伝えしようと思います。

SNS運用ルールとは

よく勘違いされるのですが、中小企業のSNS運用ルールとは、大企業のホームページによく掲載されている「SNS運用ポリシー」とは若干異なります。

双方とも目指すところはSNSの正しい運用を明確化するというところで共通しています。

しかし中小企業のSNS運用ルールは、良くある大企業の対外的な運用ポリシーの宣言ではなく、もっと泥臭く社内向けに「SNSの担当になった時に守るべき社内ルール」を明確にする文章として定めるべきです。

そのため「必ずやるべきこと」「やってはいけないこと」の二本立てで、文面を構成するのが良いと思います。

“SNSを始める前に企業が定めるべき運用ルール(必須)” の続きを読む

メールとチャットをどう使い分けすれば良いのか

メールとチャットをどう使い分けたらいいのか、検討されているビジネスマンの方も多いかと思います。

当社のお客様からも、とても多くいただく質問なので、まずはチャットのメリットとデメリットについて、明らかにしようと思います。

メリット

1. 送信の手軽さとリアルタイム性

メールで必ず付きものの、「お世話になっております」などの枕ことばを省いて、用件だけのシンプルな内容で送信することが一般的なため、コミュニケーションがスムーズです。

またメッセージ送信先を選ぶ手間や、画像や動画を添付する手間が、メールに比べるとはるかに少ないので、送信自体をたやすく行うことができます。

2 .既読の確認

これが何よりも大きいメリットとして、チャットを使われている方も多いのではないでしょうか。
読んでるか届いてるか不明なメール送信に比べて、既読か未読かはっきり分かるので、オンラインのコミュニケーションがさらにやりやすくなっています。

3. メッセージの伝わりやすさ

なかなか読まれなかった送信メールがチャットやSNSで送信した結果、一瞬にして読まれた経験をお持ちの方も多いかと思います。
メールに代わる新しいプッシュ型のメディアとして伝わりやすさは大きな特長です。

代表的なものはこのような点ですが、その一方のデメリットはと言うと…

デメリット

1.チャットツールを受信側にも導入してもらう必要がある

メールと違ってデフォルトのツールではないため、送信側受信側双方にチャットアプリの導入が必要です。
そのため、まず社内のコミニュケーションツールとしてチャットをスタートさせる企業も多いかと思います。

2.メッセージの一元管理が難しい

かつて受信した大事なメッセージを一生懸命メール受信箱で探したけど見つからず、実はチャットで受信していたと言う経験をお持ちの方も多いかと思います。

3.CCの概念がない

チャットは、メールでいうところのCCの概念が基本ありません。そのため、関係者に情報共有のやり方を考える必要があります。
もちろんルームやグループのような形で、複数名相手のコミュニケーションを取る形も用意されてることが多いですが、参考情報として送信しておくという伝え方が意外に難しいです。

4.チャットの運用コスト

無料、有料双方のプランを用意していることがほとんどですが、企業が使用するとなると有料プランは多くの場合必須で、そのための運用コストがかかります。

結局、企業としてチャットを導入するかしないかの結論は、双方を見極めてと言うことになりそうですが、ハイブリット型、、、すなわち双方併用するのが良いのではないでしょうか。

一番導入しやすいのは、前述した社外に対してはメール、社内に対してはチャットというパターンです。

そのチャットも、Slackやチャットワーク、LINEワークスなどいろいろありますが、最近話題となっているGoogleチャットについては、改めて当ブログで詳細に紹介したいと思います。