6月トークライブ:「一休.com 」におけるリアル営業力とは?講師:株式会社 一休 宿泊営業部長 本吉 裕之氏

このセミナーは終了しました 満席になりました(2012/6/18)
次回のBtoBマーケティング研究会トークライブは、高級ホテル・旅館の宿泊予約サイト「一休.com」の運営を手がける株式会社 一休 宿泊営業部長 本吉 裕之氏をゲストに6月21日(木)19時より渋谷で開催します。ぜひご参加ください。

株式会社 一休は1998年に創業。それまでのインターネットを通じて利用する宿泊施設は中レベル以下という常識をくつがえし、厳選された高級施設の宿泊を「一休.com」を通して販売。大成功を納めました。

今日、高級ホテル・旅館約1,300施設、ワンランク上のビジネスホテル約750施設を取り扱い、会員数は約260万人を突破。
さらにはJR東日本をはじめとする大手企業との提携も次々と実現。日本版顧客満足度指数において旅行業界の顧客満足度No.1企業にも選ばれています。

しかしここに至るまでの道は決して平坦ではありませんでした。

インターネットでの販売に抵抗を示し、協力してくれない数多くの高級施設。
そして高級施設の業界内での慣習を破るビジネスモデルに対してかかる圧力など、
立ちふさがる様々な壁があったのも事実です。

そのような中、どのようにして多くの高級ホテルからの理解と信頼を得て、
また会員数を増やし、上場するまでに成長できたのでしょうか。

その一休成長ヒストリーを、JTBを経て、社員わずか数名のときに一休の社員となった
営業責任者の本吉氏より、ビジネスモデル、営業・マーケティング手法の具体的な紹介を通して熱く語っていただきます。ぜひご参加ください。

最近のBtoBマーケティング研究会トークライブは、告知後わずかな日数で
満席になることが続いています。ご希望の方はお早めにお申し込みください。

開催概要

  • 日時:2012年6月21日(木)19:00-20:45
        (講義19:00-20:00  質疑応答・ディスカッション20:00-20:45 )
  • トークライブ:「一休.com 」におけるリアル営業力とは?
  • 講師:株式会社 一休 宿泊営業部長 本吉 裕之氏
  • 場所:八雲クラブ(東京都立大学同窓会室) (渋谷駅徒歩5分)
        渋谷区宇田川町12-3 ニュー渋谷コーポラス1001
        渋谷駅からの詳しい行き方はこちら>
  • 会費:5,000円
  • 定員:20名※終了後に希望者のみ懇親会あり:21:00~22:30 
        会場:近くの飲食店 費用別途4,000円

講師紹介

本吉 裕之氏

株式会社 一休 宿泊営業部長

プロフィール:
日本交通公社(現:ジェイティービー)、ドコモAOLを経て、現在、(株)一休 宿泊営業部長。全国の宿泊施設等への営業及び新サービスの企画・開発に取組む。
通常業務に加え、東北芸術工科大学 企画構想学科 特別講師及び
早稲田大学 大学院商学研究科(WBS)に在学中。

このセミナーは終了しました。

5月開催報告:ニコニコ動画のニワンゴ杉本誠司社長

ニコニコ動画の企画・開発・運営企業である株式会社ニワンゴ 杉本誠司社長をゲストにお迎えしたBtoBマーケティング研究会は満席になり、昨夜盛況のうちに開催され、無事終了しました。多くの方にご参加いただき本当にありがとうございました。

ニコニコ動画がなぜこれだけ多くの支持を受けるのか、そのサービスコンセプトからユーザー心理に基づいた企画のお話し、そして人間関係が希薄になっている時代背景の説明など、非常に濃い内容で、参加者の皆さん多くのヒントを得られたのではないかと思います。

お話しを聞く中で、事業の取り組みや企画が「ニコニコ動画でしかできないもの」というコンセプトで一環していることに強い印象を持ちました。

杉本社長も「自分たちには競合他社はいない」と言われていましたが、そのような独自のポジションを我々は持っているのか、、、、。そして自社でしかできないものは本当に何なのか、貴重な宿題をいただいた気がします。

もう一つ大きく印象として残ったのは、「トラッキングデーターのログをしっかり取り、それを細かく解析することの重要性」。

静的なユーザー数などの統計上の数字だけではなく、生きたユーザーの動きを綿密に解析していくことの大切さを語るお姿は、ニワンゴ社で日常的に行われている膨大な企画が一つ一つ検証されて、それを次の企画にフィードバックするというサイクルが完成されていることを同時に語っていたかと思います。

お話しを聞いていて、とにかくユーザー心理を知り尽くしている企業という印象を強く持ちました。

懇親会もお忙しいところ特別にご参加いただき、皆さんと質問攻めにしてしまいましたが一つ一つ丁寧にお答えいただき本当に感謝をしております。

また広報の高橋様にも懇親会に特別に参加いただき、素晴らしい企画を生み出す社風のことなど、経営者視点ではなく社員目線からの多くの貴重なお話しをいただきました。この懇親会は本当に盛り上がりました。

ご参加の皆さま、杉本社長、高橋様本当にありがとうございました。

次回は2012年6月21日(木)に、(株)一休 宿泊営業部長 本吉 裕之氏をお迎えし開催します。

インターネットで売るものは安いものという常識をひっくり返して高級ホテル・旅館の宿泊を売って大成功した一休のビジネスモデル・営業・マーケティングについて語っていただく予定です。

本吉さんは、JTBを経て一休に入社され、株式上場までのストーリーも熱く語っていただきます。また近々告知いたしますので是非ご参加ください。

開催報告:川崎市の建設業向け情報発信をテーマとしたセミナー

川崎市の中小建設業向けのホームページ活用をテーマとする情報発信のありかたについて、講師をさせていただきました。

その時の様子の写真です。

各企業さんに自社の強みを書き出してもらい、数人の方に発表してもらいました。

ホームページのリニューアルに取りかかる前に、自社の強みが何かということを、じっくり考えて、それをわかりやすい文章にすることは大変重要なことです。

その強みを前面にでるようなホームページの設計を考え、強みを前面に伝える見出し文章や画像を考えることなど。

すべて「強みが何か」ということから出発しています。

このブログをお読みの各企業さんも、ぜひ実践してみてください。

ホームページの更新が手に付かないときはどうすれば良いのか?(2)

前回の記事で、ホームページの更新が手に付かないときは、まずWebサーバーの接続確認をふくめ、物理的に更新ができる体制になっているかどうかを確認することをお伝えしました。

ではそれが確認できたら、何をすれば良いのでしょうか?

結論からいうと、「てにおは」、句読点。

極めて些細なことを修正することです。

要は、更新のための準備体操です。

突然、新商品の説明ページや、今後の企業の経営方針など書こうとすると、とたんに手が止まってしまいます。

※手がとまらないひとは、そもそも更新で悩まないと思いますが。

なのでどんな小さいところでも、まず更新して、更新ネタがない場合は、新着情報を変えたり、既存の商品・サービス説明文章で、古い表現になっているところを修正することをまずおすすめします。

5月トークライブ「ニコニコ動画にみるメディア変革時代」講師:株式会社 ニワンゴ代表取締役 杉本誠司氏

このセミナーは終了しました 満席なり募集終了しました(5月10日) 残り5席です(5月2日現在)

次回5月23日(水)開催のBtoBマーケティング研究会トークライブは、「ニコニコ動画にみるメディア変革時代」というテーマで、「ニコニコ動画」の企画・運営・開発をしている株式会社ニワンゴ代表取締役 杉本誠司氏をゲストに開催します。ニコ動のサービスと日本のメディア変革の現状をお話しいただく予定です。ぜひご参加ください。

国内最大級の動画コミュニティサービス「ニコニコ動画」。
今日そのサービス名が話題として取り上げられない日は無いといって良いくらいです。堀江貴文氏の収監当日の密着中継をはじめとする著名人の生放送から、音楽ソフトで作るバーチャルアイドル「初音ミク」のコンサート有料放送に至るまで、動画を切り口に時代を先取りした企画や「ニコニコ」ブランドのサービスで多くの人の心をつかんでいます。

ニコニコ動画」は動画再生中に閲覧ユーザーが書き込んだコメントがリアルタイムで画面上に流れるように表示されるのが大きな特徴です。そのユーザー参加型のサービスが圧倒的な支持を受け、2006年の12月のサービス開始からわずか5年で会員数2500万人を突破。無料があたりまえの動画サービスの中で課金モデルの成功事例としても知られ、月額525円のプレミアム会員数も150万人を突破。11年度の売り上げは100億円を超えるまでに至りました。

連休前のニコファーレにて行われたプレス向けイベントではニコ動の次期バージョン「Zero」の新サービスが紹介され、同時に「ニコニコ動画」の総称・ロゴが一新され「niconico」へ変更されることが広く伝えられたことも記憶に新しいことと思います。

今回のBtoBマーケティング研究会では、その「ニコニコ動画」の企画・運営・開発をしている株式会社ニワンゴ代表取締役 杉本誠司氏に特別にお越しいただき、なぜニコ動がこれだけ評価されるのか、そのサービスを日本のメディアやコミュニティーの変化とからめて語っていただきます。

また4月28,29日に幕張メッセで開催され大成功に終わった「ニコニコ超会議」の開催報告と、新サービス「Zero」の紹介、何故これだけ定着している「ニコニコ動画」のブランドを、今「niconico」にリセットするのかなど、今後のニコ動の戦略・ビジネスモデルについても語っていただこうと思います。

日本で最も注目されているメディアの1つニコ動の経営者を目の前に、その場で質問が出来る勉強会はほとんど例がありませんのでこの機会に是非ご参加ください。満席になり次第、募集を終了ますのでご了承ください。

開催概要

  • 日時:2012年5月23日(水)19:00-20:45(講義19:00-20:00  質疑応答・ディスカッション20:00-20:45 )
  • トークライブ:「ニコニコ動画にみるメディア変革時代」
  • 講師:株式会社 ニワンゴ代表取締役 杉本誠司氏
  • 場所:八雲クラブ(東京都立大学同窓会室) (渋谷駅徒歩5分)渋谷区宇田川町12-3 ニュー渋谷コーポラス1001渋谷駅からの詳しい行き方はこちら>
  • 会費:5,000円
  • 定員:20名※終了後に希望者のみ懇親会あり:21:00~22:30 会場:近くの飲食店 費用別途4,000円

講師紹介

杉本誠司氏

株式会社ニワンゴ代表取締役

プロフィール:
株式会社ドワンゴにてモバイル向けのビジネスツールや電子書籍サイト、などの新規事業を担当し、メールポータル「ニワンゴ」の立ち上げに携わる。
株式会社ドワンゴニコニコ事業本部アライアンス事業部部長兼コーポレート本部広報室長、株式会社ニワンゴ代表取締役社長、株式会社スカイスクレイパー取締役( 現任)。

満席になり募集終了しました。