中小企業のホームページにおいて社長メッセージは何を書けば良いのか

中小企業のホームページにおいて、社長メッセージを記載したページは、今日もはや必らず作成しなければいけないページです。

ホームページを見る人が、新しい取り引きを考えているお客さんであれ、会社説明会のエントリーを検討している入社候補者であれ、真剣にその会社のことを考えている方であれば、社長メッセージを必ず読みたくなるからです。

社長メッセージに書かれている内容を通して、ホームページの訪問者は、社長がどのような人物であるか、またその会社はどのような方向性に向かって進んでいるのかを判断するからです。

きょうのブログのテーマは「中小企業のホームページにおいて社長メッセージは何を書けば良いのか」です。

結論からすると、上記に述べたように、社長の素顔と会社の方向性を伝える内容が好ましいと考えます。

具体的には・・・

“中小企業のホームページにおいて社長メッセージは何を書けば良いのか” の続きを読む

星野リゾート OMO7 旭川の宿泊体験記【心に刺さる企画】

先日のGWは、ことし平成30年4月28日に新しくオープンした「星野リゾート OMO7 旭川」に宿泊して楽しい時間を過ごすことが出来ました。

こちらでは、競争の激しい今日の観光施設がどのようなことを訴求していけば良いのかヒントがあると感じたので、このブログで記したいと思います。

ちなみにこのホテルは旧・旭川グランドホテルのリニューアルとのことで、外見は以前とは大きく変わらないようです。
omo7_1

“星野リゾート OMO7 旭川の宿泊体験記【心に刺さる企画】” の続きを読む

2018年新入社員歓迎会@清水建設でスピーチをした

わたしが株式会社フラットコードを創業する前のかなり昔の話しですが、東京都立大学(現 首都大学東京)の建築工学科を卒業後に新卒入社した清水建設には、育ててもらい大変お世話になりました。

その清水建設に今年2018年の春も首都大学東京から4名の新入社員を迎えることになり、東京都立大学ならびに首都大学東京出身の清水建設現役・OB社員による40名近くの歓迎会に出席してきました。

研究室の先輩にも久しぶりにお会いできて嬉しい限りです。
shimz2018
今年は4人の新入社員が全員女性でした。これも時代の流れでしょうか。

“2018年新入社員歓迎会@清水建設でスピーチをした” の続きを読む

スマホサイト制作にあたってなぜレスポンシブデザインが必須なのか?

前回のブログで、スマートフォンサイトを作成する際は、SEOの視点でレスポンシブデザインにする必要があるということを説明しました。

しかし「そもそもレスポンシブデザインって何?」という方から「いろいろなスマホサイトの制作方法がある中で、なぜレスポンシブが良いの?」という方もいらっしゃると思いますので、この機会に説明をしようと思います。

1.レスポンシブデザインとは

まずレスポンシブデザインについてなのですが、こちらはGoogle DevelopersというWeb開発者向けのGoogle公式サイトに詳しい記述がありますので、ある程度制作に関わっている方であれば、下記の記事をご覧ください。

「レスポンシブ ウェブ デザイン」Google Developers
https://developers.google.com/search/mobile-sites/mobile-seo/responsive-design?hl=ja

要約すると、同一のページをPCやスマホやタブレットなど、アクセス元のデバイスに合わせて最適化して表示させることのデザインをレスポンシブデザインと言います。

ここでポイントなのが、同一のページということで、これは言い換えると同じurlのページという意味です。同じコンテンツが表示されていも、urlが違っている場合は、レスポンシブデザインとはなっていません。

逆に言えば、自社のスマホサイトがレスポンシブかどうかは、スマホで自社サイトを閲覧して「いつものPCで閲覧する際と同じurlで、スマホ用に最適化された画面が表示されているかで判断することができます。

一昔前だと、レスポンシブではなくPCサイトとスマホサイトを別々に作っていた会社も多いかと思います。その場合PCサイトとスマホサイトのそれぞれのurlがたとえば
  PCサイト → www.○○○○.co.jp
スマホサイト → www.○○○○.co.jp/sp/
という形式になっていたかと思います。

2.なぜレスポンシブデザインにする必要があるのか

これは一言でいえば、閲覧者と検索エンジンの双方に優しい作りになっていることが挙げられます。同一のページであれば、スマホを含め特定のデバイスからアクセスした際に、わざわざそれ専用のページにリダイレクト(ジャンプ)する必要もないのでページ表示の短縮化につながります。

またコンテンツもうっかり全デバイス共通にするのを忘れてしまい、スマホ閲覧者などに古い情報を伝えてしまったということもありません。

その他の理由も含め、上記のGoogle公式サイトにいま述べたようないくつかの理由の記載がありますので、参考にしてみてください。

いずれにせよスマホサイトを新規に立ち上げる方や、既存の古いスマホサイトをチューニングして閲覧者に優しいユーザーフレンドリーのサイト制作を検討している方は、スマホサイトをレスポンシブデザインで制作することが必要ですので、今後の制作方針の中に取り入れていくのが良いと思います。

Googleのモバイルファーストインデックス開始に向けて中小企業が準備すべきこと

Google がモバイル ファースト インデックス導入を本格的に進めているニュースが、最近の検索エンジンマーケティングの大きなトピックスである印象です。

モバイルファーストインデックスという言葉を突然使ってしまいましたが、はじめてこのキーワードを耳にする方は、Googleウェブマスター向け公式ブログのこちらの記事をご覧ください。

モバイル ファースト インデックスに向けてサイトを準備するためのヒント 2017年12月19日
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/getting-your-site-ready-for-mobile.html

一言で大事なポイントを取りまとめると、

これからはスマホサイトの品質の評価により、スマホサイトのみならずPCサイトの検索順位を決定する

要はPCサイトがどんなに良いサイトであっても、スマホサイトの出来が悪かったら、PCサイトの検索順位が下がるという恐ろしいアナウンスです。

このGoogleのモバイルファーストインデックスについて、中小企業は何をどのように対処したら良いのか、いくつか質問をいただきましたので、こちらに共通の回答として記載したいと思います。

1.まだスマホサイトを立ち上げていない方

このケースではいうまでもなくスマホサイトを立ち上げることが必要です。ここで多い質問として、「スマートフォンで閲覧するとPCサイトと同じ画面だけど一応見えるのでこれで大丈夫?」が挙げられます。

答えとしてはNoで、スマホ用に最適化された画面になっている必要があります。
mfi
当社公式サイトのスマホ表示事例)

上記のようなサイトになっていれば、スマートフォンだけでなく、タブレットでの閲覧時に対しても、最適な画面レイアウトになっているかと思います。

このようなマルチデバイス対応のホームページに作り替えることがまず必要です。

2.すでにスマホサイトを立ち上げている方

このケースでは、スマホサイトの質を高めることが必要です。チェックポイントとしては、下記の2点です。

1.PCサイトとスマホサイトのURLが共通の「レスポンシブデザイン」の作り方になっているか。

この「レスポンシブデザイン」については説明が長くなるので、次回のブログに記載しようと思うのですが、スマートフォンからアクセスした際に、スマホ用の別ページ(別サイト)に飛ばすのでは無く、同じページを同じURLでレイアウトのみ調整して表示させるというものです。

意外にまだ大手企業のホームページでも、この「レスポンシブデザイン」に対応していないところは多いのが現状です。

この形式のスマホサイトはGoogleが推奨していますので、ぜひ従うようにしてください。

2.SSL(サーバー暗号化ソフト)サイトになっているか。

SSLについては以前のブログでもその重要性をお伝えしましたが、こちらもGoogleが導入しているサイトに関してSEOでも有利に働くことを明言しています。

まだ未導入のホームページであるならば、GoogleのブラウザChromeの新しいバージョンが出ないうちに対応するのがオススメですので、これも早めに対応するようにしてください。