ブログはもう死んだのか?

いまさらブログなんて古いよ・・・と思っている人も多いかと思います。

実際のところ最近の情報発信の事例として多く語られるソーシャルメディア活用では、ブログのそれと全く違います。

ソーシャルメディアでは、タイムリーな速報性の強さを前面に出した情報発信ということで、メッセージも短いものが多いです。

なので、長文をじっくり書くブログは、同じITメディアでありながら、性質が全く違うのは言うまでもないことです。

こう考えると、ソーシャルメディアがブログの代わりになるのではなく、お互いに違った用途に使われるべきものであるはずです。

そのブログの「用途」を考えるにあたって、ブログの特長を書き出してみると

  1. 文字数が基本自由
  2. 画像や動画の貼り付けが簡単
  3. カテゴリー別に記事がストックできる
  4. 時系列に記事がストックできる
  5. 画面がカスタマイズできることが多い

あたりがブログ自体の特長かなと思います。(一部ソーシャルメディアの特長と重なりますが・・・)

3と4などは、ブログならではの特長なので、この辺りが活用のヒントになると思います。

すなわち、ブログの活用としては、継続的に、またテーマ毎に深掘りしていく記事をどんどん書いていくのが良いと思います。

もっとも大事なこととして、継続的に書くこと

これは文章を書く訓練とも重なっているのですが、経営者やマーケティング責任者が、長い文章を書けなくなるのは、かなり致命的です。

ホームページに限らず、お客様の反応の取れるメディアは、実に良い文章が書かれていることが多いです。

ライターや広告代理店に文章を外注することも当然あるでしょうが、自らのコトバとして、メッセージを書かなければならない場面は多々あると思います。

急に文章を書こうと思っても仲々書けるものではありませんので、日常のブログ更新を通して文章術の練習をしてみるのも良いのではないでしょうか?

そして良い記事をソーシャルメディアで拡散し、また拡散してもらうのがいいのではと思います。

このブログも継続的に更新していきますので、引き続きご愛読ください。


公式ブログと社長ブログを分けた方が良いのか?

ブログの更新に関して、経営者からいただく質問で多いのが、「公式ブログと社長ブログを分けた方が良いのか?」という内容です。

ちなみに私は、この公式ブログと、プライベートブログ(http://ameblo.jp/abe-y/)を2つ更新しています。

このブログはWebマーケティングの専門的なことだけを伝えたいため、自分のプライベートなことは一切書きません。

逆にプライベートブログは難しい専門的なことを全く排除して、日常のことをつれづれなるままに書いています。

経営者がブログを書く場合は、正直なところ、公私が入り交じっている日常の中で、ブログ運営の方針に悩むことも多いと思います。

このような相談を受けた場合に、専門家として答えているのが、

SEOを考慮し、また自社が専門的に高度なことを伝えるために、専門家でなければ書けないことを公式ブログとして書く

ということです。

プライベートな内容は、一切書かないか、思いっきり頻度を下げて書くようにします。

これが専門家としての普段の返答なのですが、しかし文章を書き慣れていない人だと、専門的なことを書き続けることのハードルが高く、更新がストップしてしまう危険性が高いです。

そのため、このような質問の多くの場合に伝えているのが、

悩んで手がとまっているのは勿体ない。軌道修正は後からでもできるので、まずどんな内容でも良いので、更新をスタートするべき

、ということです。

本を書くのと違って、ブログのタイトルも記事の方針も後から容易に更新できますし、何よりもどのようなブログのスタイルが自分にとってしっくりいくか、書いてみないと分からないと思います。

とにかくどのような形が自分にとって1番しっくり来て、更新し続けることができるか、それをまず日常更新の中でブログを書き続けることにより、検討することをオススメします。


いまのソーシャル時代におけるブログの役割

ブログはもう終わった・・・なんて声をたまに聞くことがあります。

しかし、本当にそうでしょうか?

このソーシャル全盛の時代に、ブログの役割をもう一度、自分自身、考えてみたいと思います。

当たり前ですが、SNSやツイッターに比べて、一ページ単位でじっくり文章を書けて、カテゴリー別に、また時系列順に、文章をストックすることができる。

伝えたいことや、訴えたいことがあるのなら、それなりの文章量は必要なはずです。

まさにそのまとまった文章を発信するメディアとして、ブログは実に最適なツールと思います。

情報の拡散や、コミュニケーションは、Twitterやらfacebookを使えば良いので、役割をうまく使い分ければ、効果的な情報発信ができるかと思います。

昨年はあまりこの公式ブログの更新頻度は高くなかったのですが、これからはこまめに更新をしていこうと思いますので、ご愛読ください。


ペニオクを宣伝する芸能人ブログの考察(1)

ペニオクを宣伝する芸能人ブログについて、意見を求められることがとても多かったので、自分の意見をここで述べたいと思います。

結論
1.ブログのコミュニケーションツールとしての価値を、ブログの書き手が完全に見失い、捨て去っている。

2.いままで以上に、ネットを閲覧する我々自身が、インターネット上の情報の真偽を見分ける必要がある。

3.有益な確かな情報を発信続けられることが、人や組織の判断基準になる時代になっている (逆もまた真)

解説
1. ブログのコミュニケーションツールとしての価値を軽視すること
→莫大な閲覧数を稼ぐ芸能人ブログなどは、当然のことながら、広告メディアとしての価値を持っています。

だからこそ、大金を払ってでも、自社の商品やサービスを記事本文で紹介してもらいたい業者が数多くいる訳ですが・・・

そのような業者がいること自体は、ある意味当然でしょう。

しかしながら、記事を書くブロガー側に立って考えてみると・・・

収入目当てで、使ってもいない商品やサービスをブログ記事に書いてPRする気持ちの中には、「自分のブログは、応援してくれるファンとのコミュニケーションの場だ」 という発想が、無いように思えます。

もしあるのであれば、利用もしていない商品やサービスを紹介することは、怖くてできないでしょう。

ただこれは芸能人の意識の問題だけでなく、彼らの発言や書く文章の内容をチェックするコンテンツプロデューサー、そしてブログシステムを提供している運営企業、これらのブログ関係者たち諸々の、危機管理に対する意識も欠落していた可能性が高いです。

このテーマについて、しばらく書いていこうと思います。


アメブロの規約変更の件

アメブロの愛称で親しまれているアメーバブログが、商用利用の禁止の方針を打ち出したことについて、いろいろお問い合わせをいただくことがあります。

アメブロの規約の一部抜粋はこちら。

サービス利用ガイドライン

http://helps.ameba.jp/rules/blog_guideline.html

現状ではアフィリエイトを中心とした情報販売系のブログがターゲットにされているという印象ですが、だからといって、他の商用利用のブログが安心かといったら、そうではないと思います。

運用ポリシーはいつまた変更になるかわからず、少しでも自身のビジネスPRに自分のブログを活用しているのなら、同時に削除対象の可能性は常に残されているからです。

私も以前は日記ブログをアメブロで書いていたのですが、上記のようなリスクを考え、いまはこの自社ブログをメインに運営しております。

阿部の日記ブログ
 

削除されても良いようにバックアップを取れば良いという問題ではありません。新たに立ち上げたブログが、いままでと同じような集客力を持つブログに育つのはとても時間がかかります。

結局は自社でドメインを取得し、自社でブログのシステムを導入し、そこで好きにビジネスの情報発信をしていくということに尽きるかと思います。

他社の無料のサービスを使うことは、それなりのリスクがあることを考え、長期的にインターネット上の資産を育てたい人は、自社のホームページとブログに、注力していくことが望ましいと考えます。