外国語サイト作成

外国のユーザー向けにホームページを活用して商品・サービスをPRしていきたいお客様のために、外国語サイト構築の業務も行っております。

●外国語サイトならではの制作

日本語ページをそのままテキストを入れ替えれば良いものではなく、ページそのものを外国語用ページの仕様に変更することが必要となります。

日本語ページをそのまま全ページ外国語ページに移植する例は少なく、ダイジェストページにサイトをまとめたり、外国語サイトとして新規に構成を検討する場合が一般的です。構成案はご発注後に作成します。

☆外国語ホームページを作成、公開しただけで対象国のユーザーに見てもらえるとは限らないことも。例えば中国で広く見てもらうには、コツがいります。

●ホームページ制作について

ホームページ制作に必要な、ホームページのアドレス(ドメイン)やWebサーバーの手配など、サイト構築にあたり必要なことを一括してお任せいただけます。

現状の日本語サイトの体裁に合うようなデザインの外国語ホームページも作成が可能です。

お客様のご担当者がホームページについての技術的な知識を持ち合わせていなくても、制作進行には全く支障はありません。どうぞ安心してご依頼ください。

●文章原稿について

1.日本語原稿をご用意いただく場合
お客様のサイトの専門分野に合わせて熟練のネイティブ翻訳者を選び、情報の正確さと対象国に合わせた表現を心がけます。

翻訳後はバイリンガルチェッカーが原稿と訳文を照合して入念にチェック。いわゆるネイティブチェックでは見落としてしまうミスを見逃しません。

お客様からいただくホームページの原稿は、企業側の視点で書かれていることがあり、ユーザー視点で見たときに直感的ではなく、わかりにくいことがあります。
そのような原稿をユーザー視点でリライトする作業も同時に行っております。

2.外国語原稿をご用意いただく場合
ネイティブによる校正をかけ、必要な場合はより対象国向けに相応しい表現に改めてからサイト制作に入ります。

3.原稿のご用意が一切ない場合
お客様との入念なお打ち合わせ後、まず日本語で文章作成し、お客様の了解を頂いて後、1に則って作業を進めて参ります。

日本語の文章作成においては、上記1.で述べたように、ユーザーから見た場合の、直感的なわかりやすさを重要視しています。
ホームページ上に掲載するにあたっての表現にお悩みの方にもご安心いただけます。

日本語サイトの文章に、日本人にだけ通じる表現や、日本人にだけ興味を引く表現がある場合、そのまま翻訳しても外国ユーザーにアピールするとは限りません。

お客様がPRしたい内容を十分に理解して、外国語サイトならではの文章を作成いたします。

※料金は1,2,3によって異なります。

☆失敗しない翻訳選びの重要性
一端公開したら、世界中の人が見ることができるのがホームページ。誰が見ても恥ずかしくない訳文になっている必要があります。

 翻訳で失敗した事例

  • いい加減な翻訳でずっと使って来た英語のキーワード等がネイティブから見て実は物凄く変だった/または意味不明だった

上記のような場合、既にその変なキーワードが定着してしまっていて変更不可能だったりします。

  • 意味が通じないことはないが、ネイティブが読めば物凄く奇異に感じる訳文…

非常に氾濫しているパターンです。
極端なケースでは、意味も通じないこともあります。

弊社では上の1,2,3に則って、対象国にふさわしい原稿作成を行い、外国のお客様に正確な情報をお伝えします。

弊社のサービスをおすすめする理由

正確な情報を伝えるだけでなく、文章とホームページの品質の高さを通して、貴社のブランドを外国の見込み客に訴求することができます。
今後、外国の市場もターゲットにしているお客様は、いますぐご相談ください。