3月 16th, 2012

16
3月

本物の人を前面に出すこと

前回の記事で「人の顔を前面に出すこと」のマーケティングについて書きました。

ここでのポイントとして、もう一つ伝えたいことととして、「本物の人を使う」ことの重要性です。

要は、モデルでなく、実際の電話番のスタッフの顔写真や、お客さまの笑顔の画像です。

実際の顔写真と比較して、これらの写真は本当にリアルな印象を人に与え、画面の迫力が全然違います。

わかりやすい例として、フリー素材のモデルを電話受付の表記の脇に顔写真として使う場合と、実際の社員をモデルとして使う場合。

全然違います。

ぜひ社員の方の協力を得て、リアルな顔写真を掲載してください。