1月 13th, 2012

13
1月

ホームページはどのページが1番重要なのか?

ホームページはどのページが一番大事なのでしょうか?

サービス・商品紹介ページと答える、企業のホームページ担当者の方もいらっしゃるかと思います。

売りたいものを真っ先にPRする、これは普通に考えると至極まっとうな意見のように思えます。

誰もが知っている説明不要の商品を、競争力のある値段で売る場合は、それで良いのかも知れません。

しかしながら、多くのサービス業の場合は、サービスの内容とともに、「どんな企業(経営者・スタッフ)がそのサービスを提供しているか」という企業情報を十分な内容とともに伝えるページが最重要です。

インターネット上から業者を探そうとする場合、そこで見つけた業者は当たり前ですが、まったく面識がありません。

会ったことのない業者を判断するときは、サービスの質よりも、その業者が信頼できるかどうかを真っ先に判断するということは、われわれ自身の姿を振り返っても納得することと思います。

われわれは信頼できない相手から、絶対に物やサービスを買うことをしません。

そう考えると企業側がみずからの情報開示をして、信頼してもらうことがいかに重要か気づかれることと思います。

その企業の情報開示ページこそが会社案内ページなのです。

そう考えると会社案内ページにどのようなものを書けば良いのか、色々気付かれるのではないでしょうか?

会社の住所や連絡先だけではなく、その沿革や創業者、経営者、スタッフの紹介、どのような思いで事業に取り組んでいるかの理念、社屋や工場の写真まで。

掲載したいホームページのコンテンツは多数あるはずです。

自社のホームページのアクセスログを見ると、どのページが一番良く見られているかわかるのですが、トップページに次いで大きなアクセス数を稼いでいるページは、通常は会社概要ページです。

もっとも多く見られるページについて、質と量を増やし訴えたいことを載せることは基本中の基本です。

会社案内ページをおろそかにしている企業も多いかと思うので、ぜひ改善に取り組んでみてください。