フォトジェニックとはどのようにして生み出されるのか

「フォトジェニック(photogenic)」という言葉が、多く使われるようになってきたのはここ数年ではないでしょうか。

日本では「写真映えする風景・モノ」という意味で使われることが多いですが、いうまでもなくSNSの流行とともに、周知されるようになった印象です。

昨今は、特に観光地などで利用者のSNSでの情報発信が、集客の大きな要になる時勢です。
そのため、SNSネタに直結するフォトジェニックとなりうる観光リソースについて、今まで以上に検討されていくことは間違いないでしょう。

「撮影スポット」という言葉は昔からありますが、「フォトジェニック」は、自然の風景に加えて、何がしらの人工的なものを含めた姿を対象にしていることが多いと、個人的には感じます。

わたしがもと建設業界の人間だからそう感じるのかも知れませんが、あらゆる観光地にとってSNS拡散につながる必勝のフォトジェニックとは、「豊かな自然美の景色」と「美しい建築」が組み合わさった風景なのではと思います。

建築は立地と切り離せないものなので、その土地ならではの美しい自然を背景にした素晴らしい建築を見ると、圧倒的され、長く心に残ります。

わたしがかつて建築系の学生だったときに見た、巨匠ル・コルビュジエの設計による「ロンシャンの礼拝堂」を目の前にしたときの感動は、夕暮れ時の「東京タワー」や紅葉の「京都 東寺の五十塔」を見るときの感動とある意味、共通しています。

すなわち自然と建築がお互いに魅力を高めているのです。

今年の正月休みに「星野リゾート トマム」で年始の休暇を過ごした際にも、「霧氷テラス」や「アイスヴィレッジ」の氷の建築、そして安藤忠雄氏の設計による「水の教会」で同じような建築と自然が一体となった素晴らしい風景を堪能しました。

こちらがアイスヴィレッジの全景です。ice

こちらが水の教会の内部からガラス越しに外を眺める風景です。kyokai

良い風景は次の旅への思いを誘う。
「水の教会」を見たら、次は世界遺産にもなったアスプルンドの「森の教会」にも行かなければと強く思いました。

ちなみに建築についてもう少し語るとすると、高知県の檜原村のように、著名建築家である隈研吾氏の数々の建築で町の知名度自体が一気に上がった例もあります。

スケールの大きい建築は、造形的にもインパクトを与えやすく、写真が拡散しやすいとも言えます。

ただ予算の制限などで大型の新築プロジェクトが実現できない場合でも、歴史的建造物を再生させたり、例えば「アイスヴィレッジ」のように企画型のエリアを実現したり、アイデア次第でフォトジェニックを生み出せる余地は多分にあるはずです。

そう考えると、現地を訪問してくれた方に、感動をプレゼントしようとする熱い思いと企画こそが、結果としてフォトジェニックの風景を生み出す源となり、それがSNSで拡散されて新しいお客さんを生み出していると言えそうです。

SNS拡散だけを狙った上辺だけのフォトジェニックは、簡単にその薄っぺらさが見抜かれてしまうでしょう。
フォトジェニックは狙って出来るのではなく、結果として出来るのだということを強調したいです。

ともあれこの「星野リゾート トマム」はまた足を運んでみたいと感じました。

非日常の演出事例(駅弁屋 祭@東京駅)

JR東京駅の丸の内中央口と八重洲中央口の間に作られた、商業施設が並ぶ「Central Street」。

こちらに「駅弁屋 祭」という、全国各地の名物駅弁を約170種類以上取り揃えて、店舗厨房で調理した出来たて駅弁も取り扱う駅弁専門店があります。

こちらは、この写真で見てわかるように非日常の演出が強くされていて、思わず足を止めてしまいます。
ekiben

この非日常感の演出の重要性は、何も商業施設に限った話ではありません。

企業が開催するイベントや展示会、セミナー、そして協力会社や代理店向けを集めた交流会などは、文字通り、企業活動の中で非日常のイベント。

普段あまりその企業と深い関係がなくても、足を運んでしまったという方も多くいらっしゃるかと思います。

非日常感のせいで、お客様に向かって訴求し易くなるというメリットに加え、最近はもう1つの大きな側面が見逃せなくなってきています。

それは、そのイベントに関わっていただいたお客様が、ソーシャルメディアで情報を拡散してくれる可能性があるということです。

イベント性や非日常感が強くて興味を引き、思わずその情報をfacebookやTwitterなどで何気なくUPしてしまった経験を多くの方が持っていることと思います。

自社の製品やサービスのPRのために、意図的に非日常感のイベントや演出を行うのも、情報の拡散という意味でも価値があるかと思いますので、検討してみてください。

またそのような情報はスマートフォンサイトで掲載すると、さらに拡散されやすくなりますので、スマートフォン向けサイトについて興味がある方はこちらのセミナーも参考にしてください。
最新スマートフォン集客セミナーはこちら>>

facebookはもう死んだのか?

facebookはもう死んだのか?

最近、身の回りでfacebookの更新を辞めてしまうユーザーを良く目の当たりにします。

統計を例に語っているのでなく、あくまでも自分自身の印象なので、皆さんの場合に当てはまるかどうかは別だと思いますが・・・

しかし、以前に比べて明らかにfacebookの利用率が下がっているという印象です。

昨年の秋にフェイスブックのデービッド・エバースマン最高財務責任者(CFO)が、利用ユーザーの減少について認める発言をしてニュースになりました。

なので、実際のところアクティブなユーザーは減っているのだと思います。

facebookに関しては、プライベートの利用とビジネスとしての利用のシーンの境界線があいまいで、それが長所であり短所でもありました。

仕事の関係をきっかけにプライベートでも仲良くしたり、またプライベートの関係からビジネスの関係に発展することは、別にめずらしくも何ともありません。

なので、その意味では、プライベートの人間関係とビジネスの人間関係が混在した「お友達リスト」の姿は、現実に即しているのでしょう。

しかしその一方で、仲の良い実際の友達とクライアント双方に見せることのできるコンテンツは、実際のところ数少ないのも現実ではないのでしょうか。

例えば、どうしても足を運ばなければ行けない親友のホームパーティーのシーンを、同じタイミングで納品直前のクライアントに見せる勇気のある人は数少ないと思います。

結局、読者属性が違えば発信するコンテンツが違うという当たり前のことを考えると、facebook上のお友達が増えていくと、投稿自体が無難なグルメや他愛のない日常のスナップになるのも、自然なことだと思います。

ただ、それは我々経営者がやるべき情報発信とは、大きくかけ離れている気がします。

経営者であれば、専門的な情報や、社内のこと、クライアントのこと、最近の業界のトレンドや目指す会社の形のことなど、骨太のコンテンツを発信したいはずです。

いや、発信したくなくても、発信すべきだと思います。

その発信するメディアとして、ホームページやブログのように、1頁まるまる使ってじっくり情報を書くことのできるツールと、情報を拡散するのに向いているfacebookやTwitterやlineなどを上手く使い分けていくのも一つのやり方と思います。

そう考えると、多くのユーザーに利用されているfacebookが用済みということは無く、時代時代に合わせた使われ方をして、生き残っていくのではと考えます。

今後もfacebookでやりとりを・・・と書く前に

最近ちょっと感じたこととして、

人とはじめて会った後、その後の交流を会うことを前提とするのか、それとも会わないことを前提にするのかで、発するメッセージが変わってくる。

例えば前者であれば

良かったら月イチのペースで飲みに行きマーケティングの情報交換をしませんか?立ち飲みで良いところがあります

になるし、後者であれば

今後もfacebookを使って交流を・・・よろしければ友達申請を・・・

となる訳ですが。

ここで気を付けたいのが、会うのが面倒臭いから、facebookで済まそうとすると、色々な機会を損失することにつながることです。

機会とはビジネスという狭い範囲のことだけではありません。
人との交流を通して得られること一切合切です。

昨日のエントリーでも書きましたが、インターネットの黎明期もしくは無い時代から、大事な人と人間関係を築き上げて、ビジネスの基盤を作り上げてきた人は基礎体力が違う。

ネットなんて無いから会うしか無かったのですが、それが逆に良かったのでしょう。

いうまでもないことですが、ネットだけの人間関係はもろい。

しかしネットをリアルな人間関係の上で活用するとすると、会えない時間でも自分自身の情報発信やゆるいソーシャルなではの交流を通して、人間関係を強めることができる。

自分自身の振り返りとしてもこのエントリーを書いているのですが、まず会うことを何よりも大事に考えたいと思います。

ソーシャルメディア活用の注意点

中小企業がソーシャルメディア活用するにあたって、注意点をいくつか述べたいと思います。

その1つとして、企業の公式サイトをなおざりにして、ソーシャルの更新ばかりを続けるのは危険ということです。

マスコミで取り上げられるソーシャルメディア活用の成功事例は、そもそも公式サイトを含め、他のマーケティングメディアが機能している上で、さらにソーシャルメディアを活用してうまくいった例がほとんどです。

逆に言えば、自社ホームページがボロボロなのに、ソーシャルだけで一発逆転という事例は、非常に事例として少ないです。

大前提として、自社ホームページが信頼感を獲得して強みを伝えている反応率の高いサイトであるという条件のもと、自社のホームページ更新とバランス良く、ソーシャルメディアを活用していくのが良いと思います。