3月 2012

30
3月

ホームページのリニューアルの社内体制について(2)

ホームページのリニューアルの際に、社内で調整する必要な人が多くいると、だいたいうまく行かないことが多い。

大事なことは、担当者が強いリーダーシップをとって、有る程度の部分は独断で推し進めていくことが重要と考えます。

小さい企業の場合、まさにその役割が経営者。

経営者がホームページの直接の担当者になるメリットは実に大きいので、その重要性をここでも強調したいです。

28
3月

ホームページの担当者は何をやったらよいのか

ホームページの担当者は何をやったらよいのでしょうか?

ホームページの担当になったら、仕事の全体像を見極める必要があります。

通常ホームページの担当者の仕事は、技術ではなくマーケティングや広報の仕事のウェイトが高く

 

  1. 社内調整
  2. 写真や文章などの素材決定
  3. ホームページ反映作業

 

のうち、素材決定というコンテンツ手配の部分が実にボリュームとして大きいのではないのかと思います。

ここで強調したいこととして、会社や商品・サービスの魅力を言葉にする作業の大切さです。

弊社のホームページ掲載の文章をリライトをしたりすることが多々ありますが、それでもほんとうに大事なことを言葉で伝えてもらう必要があります。

ホームページ担当者は、まず何よりも文章を書けるようにならなければならないことを強調したいです。

26
3月

ホームページの更新を社内でやりたい場合

ホームページの更新を社内でやりたい場合は、次の条件が満たされていることが必要と考えます。

ホームページの更新システム(CMS)が導入されている

ホームページの更新システムは何か?といったら、ブログのように技術がわからなくても更新できるシステムのことです。

この導入が何故大事かというと、一つ一つ、ドリームウィーバーやホームページビルダーのような、ホームページ制作ソフトで手作りのHPの場合だと、1ページ追加した際でも多くの場合、そのページへのリンク(メニューボタン)を設けるのに莫大な手間隙がかかります。

要は新規で作るページ以外の部分も、多くの手間隙をかけて更新しなければならないのです。

これがホームページの更新システム(CMS)が導入されているホームページであれば、そのような各ページにまたがる共通のメニューボタンを作成することを一瞬に間に自動でやってくれます。

実に手間隙がかかりません。

弊社ではこのようなホームページの更新システム(CMS)の導入もサポートしておりますので、必要な企業の方はぜひご相談ください。

23
3月

ホームページ制作会社の選び方

ホームページ制作会社の選び方って皆さんはどうお考えでしょうか?

私の考える必要条件(十分条件でないかも知れませんが)は次のようなことです。

  1. 提案力がある
  2. 広い視点を持っている
  3. フットワークが良い
  4. ロジカルな説明ができる
  5. 運用面でサポートしてくれる

あたりなのではないかと思っています。

1.の「提案力がある」なのですが、ホームページのプロの視点で、どのようなホームページにすべきかその提案の質が最も問われると思います。

また2.の「広い視点を持っている」ですが、ホームページを取り巻くITマーケティングの世界は、ますます複雑に専門性が高くなってきていますので、広い視点を持つことは何より重要です。

3.4.5.の内容についてはホームページ制作会社だけでなく、全ての業種に大事なことだと思いますが、専門家でない企業相手にどのような説明や行動ができるのかが問われていると思います。

いちどこのような視点で、現在お付き合いしているホームページ制作会社を見てみるのも良いことと思います。

21
3月

ホームページのリニューアルの社内体制について(1)

ホームページのリニューアルの際に、お客さん側の社内体制、誰が担当者になるかで大きく結果が異なることに経験上、気が付きました。

一番良くないのが、零細企業にも関わらず、社長が若手社員に全部任してしまって、本人が打ち合わせ出席も嫌がりあまり関わらない例です。

もちろん、どんな担当者でも最善のものをつくるようにわれわれは努力します。

しかしこのような体制は、社長の思いや志が間接的にしかわれわれ制作サイドに伝わらず、結果として良いものができない。

「楽をする」のではなく、「良いものをつくる」という視点にたてば、自ずからどのような社内体制が良いのか、気づくのではないかと思います。

 

19
3月

ホームページの更新が手につかない人に

ホームページの更新がまったくできない。
時間があってもヤル気がしない。

そのような相談をたまにいただくことがあります。

ここではそのような企業の担当者にアドバイスなのですが、、、

われわれのような外部の協力会社をうまく使っていくという手があります。

1人で色々問題を抱えて悩むより、ずばっと解決がつくことが多いので、何ごともそうだと思いますが、1人で行き詰まったら 外部の専門家を上手く活用していく方法がベストです。

弊社では、毎週木曜日に無料相談を開催しておりますので、今後ホームページの取り組みをどのようにしていこうか悩んでいる方や、更新ストップに悩んでいる方からのご来社をお待ちしております。

16
3月

本物の人を前面に出すこと

前回の記事で「人の顔を前面に出すこと」のマーケティングについて書きました。

ここでのポイントとして、もう一つ伝えたいことととして、「本物の人を使う」ことの重要性です。

要は、モデルでなく、実際の電話番のスタッフの顔写真や、お客さまの笑顔の画像です。

実際の顔写真と比較して、これらの写真は本当にリアルな印象を人に与え、画面の迫力が全然違います。

わかりやすい例として、フリー素材のモデルを電話受付の表記の脇に顔写真として使う場合と、実際の社員をモデルとして使う場合。

全然違います。

ぜひ社員の方の協力を得て、リアルな顔写真を掲載してください。

14
3月

人が前面に出たマーケティングに変わってきている

人が前面に出たマーケティングに変わってきている

最近のマーケティングの大きなトレンドとして、このことを今日は強調したいと思います。

難しいことはヌキにして、たとえば、次のようなことに昨今、色々なところで気づくことがあるのではないのでしょうか?

  • パチンコ屋さんの入り口に女性の店員さんが立っている
  • 今までは客寄せのようなことをしなかった店舗までが、入り口で威勢良くお客さんの呼び込みをしている
  • チラシに人の顔がいっぱい出ている
  • 物販サイトにおいて、人が手に持ってその商品をPRしている
  • 名刺に顔写真がある

その他、このような事例は、枚挙に暇がないことと思います。

やはり人間の顔は、もっとも印象が強いもの。

ホームページの電話番号記載の脇の顔写真も含め、どのような集客メディアに、どのような顔写真が有効活用かどうか、考える機会を持つべきと考えます。

12
3月

東京商工会議所千代田支部のクラウドセミナーが終了しました。

フラットコードの代表、阿部が講師を務めました東京商工会議所千代田支部のセミナーが無事終了しました。

悪天候の中、多くの方にご参加いただきありがとうございました。

今回はクラウドを活用した積極的な企業の情報発信についてのテーマで、クラウド型ホームページを活用してどのような情報を発信していけば良いのか、事例とともにお伝えしました。

セミナーの当初で、「潜在意識で、ITの活用に拒絶感があるとうまく行かない」など、テクニック以外の部分でも広くお話ししましたがいかがだったでしょうか。

ITの活用でうまくいっていない方はテクニックが無いからうまく行かないんだと勘違いされている方も多くいます。

しかしそれは誤解で、多くの場合、「正しい努力をしていない」とか、「心の底で、ITへの取り組みを嫌がっている」など、技術面以外の部分が支障となっているケースが大半です。

正しいIT活用の方向性と熱意が最重要と普段から痛感していることもあり、今回のセミナーでは技術面以外の話しも多くしました。

質疑応答もいただき、参加者のみなさんと良い交流の場にもなってことを感謝いたします。

また当方が講師をするセミナーなどありましたらこのブログやメルマガで告知しますので、是非ご参加ください。

5
3月

川崎市の建設会社向けのホームページ活用セミナー盛況に終了しました

川崎市工業振興課主催、川崎市住宅相談委員会運営の、中小企業向けのホームページ活用のセミナーで講師を勤めさせていただいたセミナーが、昨夜盛況のうちに終了しました。

今回のセミナーでは、ホームページを使って新規顧客を開拓をめざす企業や広報力UPをめざす団体がどのような情報を発信していけば良いか、具体的な画面をみながら、理解していただくよう、お話ししました。

ホームページの活用はまだまだ中小企業さんで苦手に感じているところも多いかと思います。

その場合、何から手をつけたら良いのか見当もつかず時間ばかり過ぎているという例が多いのですが、今回はその具体的な取り組みについてお伝えできたかと思います。

今回は自分の昔いた業界である建設業をテーマにお話ししました。

ポイントは自社の商品・サービス情報の積極的な発信の裏で、会社情報や代表者・スタッフ情報など、ユーザーが最も知りたい情報がすぽっと抜け落ちている場合が多いので、それらを積極的に情報発信していくことです。

同じような内容を今週の金曜日、2012年3月9日(金)に東京商工会議所千代田支部主催のクラウドセミナーでお話しさせていただきますので、参加ご希望の方は下記からお申し込みください。

中小企業のためのクラウド入門~もう逃げられない中小企業のクラウド活用~ >>