水素エネルギーの普及にあたって広報の課題は何なのか

たまたま目黒駅の周辺を休日ぷらぷら歩いていたときに、見慣れないものを目にしました。

一見ガソリンスタンドのようですが、「水素ステーション」の文字があります。これがいわゆる水素エネルギーの供給スタンドでしょうか。まだ建設中なのかガランとしています。

トヨタの「MIRAI」など水素自動車については、いろいろなところでPRされていて目にする機会も多いのですが、水素ステーションそのものは今回はじめて見ました。
suiso1

近寄って見て見ると、確かにガソリンの代わりに水素が提供できることが明瞭にデザインされています。suiso2

こちらの水素ステーションは、遠目からもはっきりと「H2」「水素」とわかるようなサイネージがあります。このサイネージのデザインは供給会社が違っても共通なのでしょうか。ともあれとても視覚的にわかりやすいです。
suiso3

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「水素利用技術研究開発事業」や最近では資源エネルギー庁の「福島新エネ社会構想」などに代表されるように、水素に代表される新エネルギーの普及は国家プロジェクトです。

参考サイト
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「水素利用技術研究開発事業」

資源エネルギー庁「福島新エネ社会構想」

では水素エネルギーの広報についての課題は何なのでしょうか。

これは一言でいうと、エネルギー関連の業務に関わっている方と、まったく関わっていない方との、意識の大きな隔たりでしょう。

わかりやすくいうと、仕事でエネルギー分野に関わっておらず、車にも乗らない方にとって、現時点ではまだあまり興味関心の対象になっていないことでしょう。

何ごとであれ、まず感心を持ってもらうことが重要です。そのためには水素が活用されている事例や現場を視覚的にはっきりとわかるように伝え、一般市民に水素エネルギーを身近に感じてもらうことが必要と考えます。

水素はいうまでもなく目に見えないものなので、それが使われていることは、はっきりと強調して明示しなければ、誰も気が付きません。

一足飛びに新エネルギーについての理解を深めてもらう啓蒙活動も良いのですが、興味を持ってもらえる方はごく一部かと。何より水素エネルギーとの距離を縮めてもらうことが第一歩です。

この「距離を縮めること」はあらゆる分野における広報・マーケティングにおける最重要キーワードと思います。話しは全く別ジャンルですが、先日のブログで将棋界の事例においての距離を縮まることの重要性のことを書きました。

水素エネルギーの分野で「距離を縮める」ためには、難しいこと無しに、水素を使っている乗り物、水素を製造している装置、水素を提供している施設、水素を普及させている企業・団体、水素を活用している企業・団体に共通したデザインのロゴを与え、市民にその存在を強く意識させることが重要です。

先程の写真で紹介した水素のサイネージは、広報活動というより、水素ステーションを探しているドライバーがその存在を見つけやすくするための広告としての位置づけですが、一般市民に水素エネルギーの存在を知らしめる効果も十分あります。

このようなサイネージやロゴがいたるところで目にするようになれば、われわれ一般市民の水素エネルギーへの意識もちょっとづつ高まっていくのではないでしょうか。

シンプルでわかりやすい水素エネルギー利用を伝えるロゴをいろいろな活用シーンで積極的に使っていくことにより、水素エネルギーを身近に感じてもらい、距離が縮まり、われわれ自身の活用や普及への支援につながっていくと考えます。

冒頭に紹介した水素ステーションの写真にある「H2」の周りに丸が囲んでいるロゴがもしかしたら企業の差が無く使われているロゴなのかも知れませんが、もし未だ未制定であれば、各企業が独自でデザインをする前の早いタイミングで検討する必要があるでしょう。

またその次の展開としては、水素エネルギーを活用することが地球環境だけではなく、個人や企業自体にもメリットがあることを制度として定め普及を推進することではないでしょうか。

家電や住宅などに一部の商品だけに限定されているエコポイントを、広くエネルギー分野まで広めることや、水素エネルギー利用のロゴが認証となり、企業活動や個人においても、何かしらのインセンティブが付与されることなども検討の余地があると考えます。

 

藤井四段の対局ネット生放送が将棋界にどう貢献したのか(マーケティングの視点)

藤井四段の史上最多連勝記録のかかった第30期竜王戦決勝トーナメントを、ニコニコ生放送で観戦しました。

29連勝の新記録を樹立した瞬間もネットで視聴していました。

このネット生放送が将棋界にどう貢献したのか、感じたことを書いてみたいと思います。

持ち時間の長い将棋の生放送は、将棋盤面の変化がゆるやかなので、視聴者を飽きさせない仕掛けが必要となります。

この生放送では、それを下記を用いて華やかにそして鮮やかに盛り上げています。

  1. 「光速の寄せ」の異名をとるカリスマ棋士、谷川浩司九段と、タレントさんのような雰囲気の若手女流棋士の里見咲紀 女流初段の2人を解説者としたこと。
  2. 里見初段が初心者が疑問に思うようなことを、谷川九段に代弁して質問していること。
  3. おなじく里見初段が谷川ファンが聞きたいようなことを、メールの質問と合わせ谷川九段に質問していること。
  4. 長考の時間を、解説者お二人への読者からのQ&A対応にしていること。
  5. 途中途中に、どの手がベストと思うか視聴者にネット上で選択させ、リアルタイムの集計をさせること
  6. ソフトの読み筋を画面上の脇で紹介し、プロの解説と対比させていること。
  7. そしてニコニコ動画のおなじみ、視聴者からのコメントをタイムラインで流して場の雰囲気を伝えていること。(タイムラインは終局時にはすごい勢いで流れている)
  8. 終局後の感想戦も放送されていること。

ただ、この生放送で大きな功績は、上記のようなエンターテインメント的な要素に加え、われわれ一般の将棋ファンとプロ将棋界の距離を縮めたことが大きいと思います。

谷川九段は、ぼくのような小さいときに父に鍛えられたかつての将棋少年からすると、カリスマ的な存在です。

雲の上にいるような存在なのですが、放送ではその素顔に迫る質問も数多くあり、谷川九段の素顔と人柄が伝わってきました。

棋士の素顔が伝わるということでいえば、食事休憩でどのようなものを注文したかという報道です。賛否両論あるこの報道も、棋士の素顔を伝えるという視点では正しいのではないのでしょうか?

また素顔を伝えるということ以上に、感想戦の放送も含め、普段われわれが接することができない情報が公開されていることが実に大きいことと感じます。

そのようなことをもろもろ考えて、今回の藤井四段のフィーバーに伴うネット生中継は、積極的な情報公開や素顔を伝えることを含め、プロ将棋界とわれわれ一般市民の距離を縮めたことが何より重要なことと考えます。

中堅・中小企業はどうクラウドを活用すべきか

Googleのクラウドサービスのイベント「Google Cloud Next ’17 in Tokyo 」が都内であり参加してきました。

最近のIT系のイベントは最終日に、ネットワーキングとして主催者や参加者どうしが交流できる場が設けられていることが多いです。

この「Google Cloud Next ’17 in Tokyo 」も会場ホテルのボールルームで、クラブっぽい雰囲気の中、立食形式で行われました。
gcd

わたしもネットワーキング交流会の際に、いままで縁もなかった他企業の方と良い情報交換の時間を持つことができました。

ところでクラウドという言葉は、今、かなり使われ方が錯綜している印象です。

わたしが何年か前に東京商工会議所のクラウドセミナーの講師もさせていただいた際に同じことを伝えたのですが、ごくごくシンプルに言うとクラウドは通常、次の3つのどれかに分類できます。

  1. インターネット上のデータ置き場(Dropbox、Evernote等)
  2. インターネット上の各種サービス(facebook、Google検索等)
  3. インターネット上の実行環境(AWS、Microsoft Azure等)

もちろん組み合わせのケースも多々あります。しかし、この大分類が今、かなりゴッチャになって語られている印象です。

ITサービスに豊富な知識がある大企業ならいざ知らず、「さあクラウドをはじめましょう!」と言われても、正直何をやったらよいのかさっぱり分かりませんという企業も多いと思います。

こういう時は、わたしをはじめとするコンサルの出番なのですが、大事なことは、まずクラウドありきということではなく、問題解決のためにどうクラウドを活用するか検討するという順序です。

逆に言えば、何が問題なのか、経営者がはっきりと自覚することです。

そして同時に、われわれコンサルは数多くの事例を把握し、特にメインとなるクラウドサービスは実際にいろいろ触ってみて、何が問題点なのか自分なりに把握する必要があります。

経営者が問題をチャンクダウンして、クラウドに詳しい専門家に相談することが、今後のビジネスの鍵になっていくことと考えます。

 

 

北菓楼・札幌本館(旧・北海道庁立図書館)が観光スポットとして人気の理由

1926年(大正15年)に開館した旧・北海道庁立図書館が、建築家・安藤忠雄氏によって北海道の有名菓子店「北菓楼」の札幌本館としてよみがえったニュースは以前から気になっていました。

何とか1回行ってみたいな・・・と思っていた矢先、札幌出張の際に時間が取れて、訪問してきました。

雨の中、札幌駅から歩いて向かいます。遠目からも大きな存在感・・・ありました。ドーリア式風の円柱が、1~2階まで通しオーダーとなっています。

エントランスや窓などの建具周りの装飾性の高さが、実にエレガントな雰囲気を醸し出しています。
sap1

建物の内部に早速入ってみます。 “北菓楼・札幌本館(旧・北海道庁立図書館)が観光スポットとして人気の理由” の続きを読む