4月 6th, 2012

6
4月

サービスメニューが大幅に違うものがある場合のホームページの構成

サービスメニューが大幅に違うものがある場合のホームページの構成について相談を受けることが増えてきました。

具体的なケースとして、たとえば、工務店と木材を使った人形などの工芸品の加工販売業を同時にやっているような場合です。

このような場合は、一つのホームページに双方を並列に掲載すると、どちらも片手間っぽくなり専門性が薄くなってしまうので、別サイトにすることを検討した方が良いと思います。

このケースでいうと、人形ではなくフローリングのような建材だと、別メニューにするのもOKだと思います。

いずれにせよ、ターゲットとするユーザーが見て、不自然さを感じさせないことが、最も重要なことと考えます。