3月 28th, 2012

28
3月

ホームページの担当者は何をやったらよいのか

ホームページの担当者は何をやったらよいのでしょうか?

ホームページの担当になったら、仕事の全体像を見極める必要があります。

通常ホームページの担当者の仕事は、技術ではなくマーケティングや広報の仕事のウェイトが高く

 

  1. 社内調整
  2. 写真や文章などの素材決定
  3. ホームページ反映作業

 

のうち、素材決定というコンテンツ手配の部分が実にボリュームとして大きいのではないのかと思います。

ここで強調したいこととして、会社や商品・サービスの魅力を言葉にする作業の大切さです。

弊社のホームページ掲載の文章をリライトをしたりすることが多々ありますが、それでもほんとうに大事なことを言葉で伝えてもらう必要があります。

ホームページ担当者は、まず何よりも文章を書けるようにならなければならないことを強調したいです。