Apple Watchにみるプロダクツ評価の基準→ カスタマイズ性

新しく発売になったApple Watch Series 5を手にしました。

使ってみて、他のプロダクツには無い大きな特徴があると感じました。
Apple Watch

それはデザインと機能の圧倒的なカスタマイズ性です。

もちろんそれは好きなケースとバンドを組み合わせできることだけではありません。

文字盤を好きなデザインに変更して、文字盤上の各パーツを細かくアレンジすることができます。

またApple Watchアプリのショートカット(コンプリケーション)も同様に文字盤に貼り付け、自分独自の時計を作り上げることも可能です。

文字盤のカスタマイズも、Apple Watch上だけではなく、iPhone上で簡単にできます。
watchcastamaizu

カスタマイズ性の高さは、選択肢の広さだけではなく、自由に組み合わせて理想のものを手にするプロセス自体の楽しみの大きさに直結しています。

ところで、今や、このカスタマイズ性の高さは、楽しみの大きさを通り超して、今後のあらゆる分野のプロダクツの人気を左右すると感じます。

その背景にあるのは、いうまでもなく今日が、変化の激しい時代ということです。

ちょっと前は、良しとしていたものが、環境が変わり評価が逆転する。

その際にカスタマイズして柔軟に形を変えられるものが、組織であれサービスであれプロダクツであれ、必要とされていくのだと思います。

企業が自社の製品・サービスを情報発信していく中で、どのようなカスタマイズ性が訴求できるか、後期がスタートしたこのタイミングで考えることも重要と考えます。