facebookはもう死んだのか?

facebookはもう死んだのか?

最近、身の回りでfacebookの更新を辞めてしまうユーザーを良く目の当たりにします。

統計を例に語っているのでなく、あくまでも自分自身の印象なので、皆さんの場合に当てはまるかどうかは別だと思いますが・・・

しかし、以前に比べて明らかにfacebookの利用率が下がっているという印象です。

昨年の秋にフェイスブックのデービッド・エバースマン最高財務責任者(CFO)が、利用ユーザーの減少について認める発言をしてニュースになりました。

なので、実際のところアクティブなユーザーは減っているのだと思います。

facebookに関しては、プライベートの利用とビジネスとしての利用のシーンの境界線があいまいで、それが長所であり短所でもありました。

仕事の関係をきっかけにプライベートでも仲良くしたり、またプライベートの関係からビジネスの関係に発展することは、別にめずらしくも何ともありません。

なので、その意味では、プライベートの人間関係とビジネスの人間関係が混在した「お友達リスト」の姿は、現実に即しているのでしょう。

しかしその一方で、仲の良い実際の友達とクライアント双方に見せることのできるコンテンツは、実際のところ数少ないのも現実ではないのでしょうか。

例えば、どうしても足を運ばなければ行けない親友のホームパーティーのシーンを、同じタイミングで納品直前のクライアントに見せる勇気のある人は数少ないと思います。

結局、読者属性が違えば発信するコンテンツが違うという当たり前のことを考えると、facebook上のお友達が増えていくと、投稿自体が無難なグルメや他愛のない日常のスナップになるのも、自然なことだと思います。

ただ、それは我々経営者がやるべき情報発信とは、大きくかけ離れている気がします。

経営者であれば、専門的な情報や、社内のこと、クライアントのこと、最近の業界のトレンドや目指す会社の形のことなど、骨太のコンテンツを発信したいはずです。

いや、発信したくなくても、発信すべきだと思います。

その発信するメディアとして、ホームページやブログのように、1頁まるまる使ってじっくり情報を書くことのできるツールと、情報を拡散するのに向いているfacebookやTwitterやlineなどを上手く使い分けていくのも一つのやり方と思います。

そう考えると、多くのユーザーに利用されているfacebookが用済みということは無く、時代時代に合わせた使われ方をして、生き残っていくのではと考えます。

年賀状はもう死んだのか?

若い人を中心に、年賀状離れが語られて久しい。

実際に、うちの若いスタッフに、

今年は何枚年賀状を出したりもらったりしたの?

という質問をすると

数枚

という答えが通常なので、本当に年賀状を書く習慣は失われつつあるようです。

ところで、ある著名なIT起業家と編集者の対談集を読んだときに、こんな一節がありました。

年賀状は出すな

理由として、古い習慣を考えなしに続けていることのナンセンスさを説いているのですが、その代わりに少数の大事な方へ便せんで手紙をしたためることを紹介してありました。

確かに「年賀状=古い」という見方もあると思います。

しかし僕の見方はちょっと違います。

「年賀状=あまりに古すぎてかえって斬新」

今年の正月に、かつてのスタッフである、来年就職する大学生から届いた年賀状を見た際は、改めてその感を強くしました。

IT時代だからこそ、目に留まるアナログのコミュニケーションがある。

そんなことを、改めて若いスタッフの年賀状から感じました。

コミュニケーションの仕方については、古いからNG・新しいからOKというのは全くなくて、相手の心に届くかどうか?

自分自身、今年の1年はコミュニケーションについて、熟考する1年としたいと思いました。

ブログはもう死んだのか?

いまさらブログなんて古いよ・・・と思っている人も多いかと思います。

実際のところ最近の情報発信の事例として多く語られるソーシャルメディア活用では、ブログのそれと全く違います。

ソーシャルメディアでは、タイムリーな速報性の強さを前面に出した情報発信ということで、メッセージも短いものが多いです。

なので、長文をじっくり書くブログは、同じITメディアでありながら、性質が全く違うのは言うまでもないことです。

こう考えると、ソーシャルメディアがブログの代わりになるのではなく、お互いに違った用途に使われるべきものであるはずです。

そのブログの「用途」を考えるにあたって、ブログの特長を書き出してみると

  1. 文字数が基本自由
  2. 画像や動画の貼り付けが簡単
  3. カテゴリー別に記事がストックできる
  4. 時系列に記事がストックできる
  5. 画面がカスタマイズできることが多い

あたりがブログ自体の特長かなと思います。(一部ソーシャルメディアの特長と重なりますが・・・)

3と4などは、ブログならではの特長なので、この辺りが活用のヒントになると思います。

すなわち、ブログの活用としては、継続的に、またテーマ毎に深掘りしていく記事をどんどん書いていくのが良いと思います。

もっとも大事なこととして、継続的に書くこと

これは文章を書く訓練とも重なっているのですが、経営者やマーケティング責任者が、長い文章を書けなくなるのは、かなり致命的です。

ホームページに限らず、お客様の反応の取れるメディアは、実に良い文章が書かれていることが多いです。

ライターや広告代理店に文章を外注することも当然あるでしょうが、自らのコトバとして、メッセージを書かなければならない場面は多々あると思います。

急に文章を書こうと思っても仲々書けるものではありませんので、日常のブログ更新を通して文章術の練習をしてみるのも良いのではないでしょうか?

そして良い記事をソーシャルメディアで拡散し、また拡散してもらうのがいいのではと思います。

このブログも継続的に更新していきますので、引き続きご愛読ください。

メルマガ活用セミナーのお知らせ(2月19日@大崎)

弊社の主催するマーケティング勉強会、「BtoBマーケティング研究会」の2月のテーマが決まりました。

今回は9ヶ月ぶりにメルマガをテーマに、「お問い合わせ数を3倍に増やすメールマガジン講座」のタイトルで開催します。

展示会やイベントで得た顧客リストを使い、見込み客をどのようにホームページに誘導するのか、その1つの手法としてメールがあります。

1通1通営業マンが個別のメッセージで送る場合に加え、メルマガという一斉送信の方法を例に取り、営業に生かす一斉メール送信(メルマガ)のテクニックについて、分かりやすくお伝えします。

少人数性の勉強会で、メルマガのテーマは昨今ほとんど開催されていないので、まだ本格的にメルマガを始めていない方や、自己流で全てやられている方は、実践的なテクニックもお伝えしますので、ぜひご参加ください。

詳細はこちらから
BtoBマーケティング研究会 メルマガ活用セミナー>>

フラットコードのWebマーケティング研修メニュー

弊社フラットコードでは、企業の経営者やマーケティング部門の方に、Webマーケティング研修を行っております。

お客さんの会社の会議室で、プロジェクターを用いてワーク付きの研修を行うものです。

もちろん資料も配布しますので、終了後の復習や、研修後の社内のディスカッションや情報のシェアに役立たせることができます。

いままで一部上場の企業様から社員数名のベンチャーまで、広くご利用いただいておりますので、必要があればご一報ください。

なお研修メニューは現在のところ、下記の7メニューを用意しております。

いずれも1メニューにつき、1回になります。

  1. ホームページ改善講座
  2. Webライティン講座
  3. メルマガ講座
  4. アナログ活用講座
  5. O2O (オンライン to オフライン)講座
  6. 多言語ホームページ講座
  7. スマートフォン対策講座

お問い合わせはこちらからお願いします。
株式会社フラットコードお問い合わせ>>